2012年04月21日

梅の花


梅の花が咲きました

梅咲く.JPG


なずな、ヒメオドリコソウ、おおいぬのふぐり.JPG

土からも、なずな、ヒメオドリコソウ、おおいぬのふぐり。。

ふとん干し日和.JPG

ふとん干し日和

有明山 燕岳.JPG

ここから見える山は有明山と燕岳だそうです




posted by むすびや at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

蕗みそとおからコロッケ


今日から4月
とてもいいお天気で気持ちがいい
縁側でもおひさまがあたたかい


お庭や斜面にちいさなふきのとうが
ぽちぽちぽち

蕗みそ.JPG

ふきみそです


赤かぶの葉漬けのおむすびとおからコロッケ.JPG


赤かぶの葉漬けのおむすびと
おからコロッケ


黒あずき入り.JPG

炊きたての玄米
黒あずきも入っています




posted by むすびや at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

おまかせむすび膳


おまかせむすび膳.JPG

菜の花和え柚子胡椒.JPG



お肉料理.jpg


今宵のおまかせむすび膳

ほたるいかの湯がき
葱のぬた
アオヤギのお刺身
新のりとフキノトウの和え物

なずなの白和え
白いんげんの甘煮
菜の花の柚子胡椒和え
煮物

酵素玄米ご飯
三つ葉と豆腐のお吸い物
大根と赤かぶのお漬物

鶏肉のハーブグリル

スイートスプリング


きのうも今日も本当にあたたかくて
夕方に吹く風も春





posted by むすびや at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

忘れもの


チャーリー宮本さんのライブの日の忘れものあずかっています

・カメラ
・ハンドタオル
・ロボットのおもちゃ
・和紙の包みもの。ハート型でピンクのテープでとじてあります

心当たりある方はご連絡くださいね





posted by むすびや at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竹のお皿



竹のお皿に.JPG

朝起きて、竹をわってつくったおさら


posted by むすびや at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

春分の日のおべんとう


春分の日のおべんとう.JPG


3月20日、春分の日
気持ちいいお天気
こんな日はそれだけでうれしい


おべんとう4つの注文

赤かぶの酢のもの
ひじき煮
白和え
ちょっぴり甘めの厚焼き卵
大根、にんじん、こんにゃく、お揚げなど煮もの
せりの芥子醤油和え
大根とにんじんの塩こうじ漬け


菜の花とせりの芥子じょうゆ和え.JPG



posted by むすびや at 20:35| Comment(4) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いとぐち



信毎記事.JPG


いとぐち山口さん.JPG


3月11日付の信毎の記事にのりました

福寿草の季節にあわせて、、と
編集室「いとぐち」の山口美緒さんが
来てくださいました

長野県のあまり大きくは知られていない、
だけど小さく火を灯しているような
土地を訪れて
月に1回、紹介されています

周辺地図も
すごくかわいい

ご自身の編集室も
門前町の古民家を使われているそう

建具屋さんが端材でつくっているという
名刺入れもすてきでした


posted by むすびや at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

煮物

煮物2.jpg


だいこん
にんじん
白菜
きのこ
こんにゃく
お揚げ
ブロッコリーに
カリフラワー

ひとつの素材にひとつのお鍋
季節の野菜に火をいれて。。





posted by むすびや at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬越しパセリ


冬越しパセリ.jpg


シャロムさんのぱんをいただきました
デーツとココナツのカンパーニュ
焼いて温めていると、ふわふわとひろがるココナツの香り

甘酒と冬越しパセリの湯がいたのを
のせて

朝ごはん





posted by むすびや at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

みすず細工の手しごと展

みすず細工大ザル.jpg

松本市中町の蔵シック館で行われたみすず細工の手しごと展。
終了間際の駆け込みで、竹細工職人さん方のお話は聞けなくて残念だったけど
展示されていたみすず細工は、どれも丁寧に編まれていて
編み目そのものがきれいな模様で見とれます。



みすず細工.jpg



細くさいたすず竹をやわらかそうに編んだ作品たち。
ザルやカゴ、ビク、お弁当入れ、、
昔の作品や竹細工の工程、竹をさく道具なども展示してありました。



やしょうま.jpg


やしょうま。
桃の木かな?かわいい。









posted by むすびや at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桃のはちみつ寒天


桃缶のはちみつ寒天.jpg

ランチ、おまかせ御膳のデザートに、桃の缶詰をはちみつを溶かした寒天で
寄せました。

きのうまでは、ぶんたんと柚子果汁の寒天寄せ。
残りをまかないに。。

ブンタン入り柚子寒天.jpg

さっぱりと甘酸っぱい柑橘が
春の夜に、さわやかです。






posted by むすびや at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月05日

春の雪


春のドカ雪.jpg


今朝も起きたら春の雪
だいぶん水分をふくんで溶けかけのかき氷のよう
真っ白の庭に、ちいさな小鳥がチッ、チッと鳴く
かわいいね
お腹が橙色で背中が群青色のきれいな鳥


金柑と甘酒のケーキを焼きました
炊いた虎豆も入れて


金柑と甘酒ととら豆.jpg




posted by むすびや at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

福寿草まつり



福寿草祭り2012.jpg


3月10日から24日の間、四賀地区で福寿草まつりが開かれています。
赤怒田という集落に群生地があって耳にしたことはありますが、実際に見るのは
今年が初めてです。
春の山里の風景、たのしみです。
フォトコンテストも行われるそうです。

この機会にお会いできる方がいれば
と、心待ちにしています。



posted by むすびや at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よしの湯


浅間温泉はよしの湯に行ってきました
ほどよい温度でゆっくりとからだの芯まで温まれます
源泉かけ流し

窓をすこし開けて露天気分
やわらかい夜風
春ですね





posted by むすびや at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みすず細工の手しごと展


みすず細工.jpg

みすず細工を復活させるプロジェクトに参加されている方から、1年間プロジェクトをやってきた成果の発表として手しごと展を開くことを聞きました。
ちらしから写させていただきますね

松本みすず細工の手しごと展 ちらしより〜

松本みすず細工と復活プロジェクト
 
 松本みすず細工とは、鉛筆ほどの太さの「すず竹」と呼ばれる竹を使って作る、松本市の伝統的な竹細工です。細くしなやかで美しいツヤがあり、軽くて柔らかい風合いが特徴です。明治・大正を最盛期に戦後まで、松本のブランドとして海外にも輸出されていた時期もあり、全国に知られていました。すず竹製品を作る地域は全国に数カ所ありますが、「みすず細工」と呼ばれて愛されていたのは、松本だけのようです。
 2年前に最後の職人さんが亡くなって、技術は途絶えていました。2011年4月、松本市の緊急雇用対策事業にてみすず細工を復活させるプロジェクトが立ち上がりました。
 掘り起こした技術で復元した私たちのみすず細工作品を是非ご高覧下さい。

2012年3月10日(土)
会場 蔵シック館
AM10:00〜PM4:30 みすず細工作品等展示
PM2:00〜PM3:00  座談会「暮らしの中のみすず細工」
         ゲスト:宮澤功氏、稲垣尚友氏

座談会ゲストPROFILE
◆宮澤 功氏
 昭和45年頃までみすず細工製品を扱う問屋を営んでいた。自身も作家としていくつかの作品を残しており、二色編みのトランクは秀逸。みすず細工をこよなく愛し、この復活プロジェクトを進めるにあたり、歴史や技術的なアドバイスなど、多大な協力をいただいている。
◆稲垣尚友氏
 1942年東京生まれ。22歳以降国内各地を彷徨し鹿児島県下のトカラ諸島の平島で暮らしたのち30代半ばに熊本の山中で籠職人に弟子入りして修行を積む。家具やアート作品としての竹による創作活動にも励み全国各地で展示会を行う。現在は千葉県で籠屋活動と執筆活動を行なっている。著書に「やさしく編む竹細工入門」「やさしく作る竹組工芸」「灘渡る古層の響き」など。

お問い合わせ先:(有)創生活環境運営 長野県松本市野溝東1−4−26
        TEL.0263-26-8332
    松本市労政課(松本勤労者福祉センター内)
        TEL.0263-35-6286


posted by むすびや at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひな祭り


ちらし寿司.jpg

今日はひな祭り
お子さんのひな祭りのお祝いに。。とご家族で来て下さいました。
福ふくしいちいさなあかちゃん


ちらし寿司のたまごには、先日お米を提供して下さったはるばる農園さんの
ニワトリが生んでくれたもの
こんがりときつねいろにうす焼きし、菜の花とちらして
お豆腐と菜の花、にんじんの蒸煮のお吸い物



ちらし寿司まかない.jpg

まかないちらし

posted by むすびや at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

おはぎ


おはぎ切り.jpg


おはぎ
押し寿司のようにつくります。
酵素玄米をしいて、りんごと柿の酵素をひとすじ
豆の甘煮をのせて、酵素玄米でとじて、返します
きなこをふりかけて、できあがり


posted by むすびや at 14:24| Comment(1) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

玄牝


玄牝.jpg

玄牝げんぴん
愛知県岡崎市にある吉村医院で、自然なかたちでお産に臨みたいと、
授かった命と向き合う女たちの姿を追った映画

茅野で上映されるそうです
上映会のあと、松浦照子さん(吉村助産婦、助産婦代表。映画出演者)
関口満紀枝さん(東京より。5月に自然分娩予定の妊婦。世界的芸術集団
パパラフマラのアーティスト)らとお話が出来る時間も設けられています。

日時 H24年3月24日(土)13時 上映会 15時〜16時 お話会
場所 茅野市民館 2階コンサートホール
実行委員「命の架け橋」
茅野市・諏訪市を中心として活動する医師・看護師・助産婦などの集まり



posted by むすびや at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

春うらら 餃子の日



本日のおまかせ御膳。。

冬の甘い大根の煮物
たかきびと白菜漬けの餃子
ひじきの煮物
白和えぎんなん入り
白いんげんの甘煮
赤かぶのお味噌汁
酵素玄米


たかきびと白菜漬けの餃子 (2).jpg

120209_131250.jpg



たかきびは、ませきファーム未来食さんのもの。
松本市波田で、えごま、たかきび、豆など無農薬で育てておられるそう。
むちむちに炊き上がったたかきびもいっしょに、おすそわけをいただきました。
早速、白菜漬けと炒めて餃子に。

たかきびと白菜漬けの餃子.jpg




具が残ったので、手前餃子皮で水餃子
と、さらに残った皮で白いんげんの甘煮と白菜漬けの揚げ餃子。
今宵のまかない。

白菜漬けと白いんげんの焼き揚げ餃子とたかきびと白菜漬けの水餃子.jpg

新じゃがの甘味噌からめ.jpg

と、ランチののこりの新じゃがの甘味噌からめ


posted by むすびや at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

るりこう庵(2)


るりこう庵。
山と畑と、かつて8万匹の蚕を飼っていたと推測される養蚕を営んでいた古民家。
いま、大地と自然とつながって生きる場をつくろう、と大人たちが集まります。

山梨県で暮らす、四井さんに、暮らしの中から出るものをじゅんぐりじゅんぐり
自然に還すにはどうしたらいいか、相談にのっていただきました。

これからすてきな場ができるのでは、とたのしみ。

るりこう庵.jpg

posted by むすびや at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。